玉ねぎの効果をアップ!どんな食べ方がおすすめ?

玉ねぎは多くの国で家庭料理でも扱われている一般的な野菜です。

食べ方は数えきれないほどあり、アレンジも加えやすいことから
さまざまなレシピが書籍、インターネット上のレシピサイトにあります。

今回は味付けを薄めにした健康に効果を期待できる玉ねぎを
使ったメニューを調べてみました。
おすすめの食べ方があったので紹介しますね。

毎日の食事に取り入れやすいのでぜひお試しして頂ければと思います。

■酢玉ねぎって?話題に食べ方で健康になろう!

玉ねぎは生のままサラダにしても、炒めものにしたり煮込んだりしても
どんな調理法でも美味しい万能食材ですよね。
今回は生のまま玉ねぎが食べられる「酢玉ねぎ」について
紹介しようと思います!

あのレシピサイトで有名な「COOKPAD」でも人気のレシピなんですよ。

<酢たまねぎの材料>

・玉ねぎ…2つ
・塩…小さじ1杯
・酢…100ml
・砂糖…大さじ2杯(蜂蜜に変えてもOK)

<酢たまねぎの作り方>

①薄く玉ねぎをスライスしていきます。包丁を使うよりもスライサーを
使ったほうが薄くでき、口当たりの良い酢たまねぎに仕上がります。

②ボウルにスライスした玉ねぎ、調味料を加えて全体に馴染むように
よくかき混ぜます。

③煮沸消毒したタッパーや瓶に混ぜ合わせた玉ねぎを入れ保存します。
10日間ほど保存できるので、10日以内に食べ切れる量を作りましょう。

COOKPADでは使う材料が「砂糖」ではなく「蜂蜜」になっています。
ただ、蜂蜜を使うとボツリヌス菌の心配があり小さなお子様のいる家庭では
あやまってお子様が食べてしまう危険性があるので、こちらの記事では
砂糖に変えさせていただきました。

蜂蜜を食べられる年齢のお子様、お子様のいない家庭ではCOOKPAD
通り蜂蜜を使っても構いません。

<酢たまねぎの食べ方>

冷蔵庫で冷やし、調味料が全体に馴染んだら酢たまねぎの食べ時です。
そのまま食べても良いですが、市販のお好みのドレッシングや
手作りのドレッシングをかけて食べる食べ方もおすすめです。

酢玉ねぎを食べると、玉ねぎと酢の血液サラサラ効果で血液や血管を
健康に保ち、食物繊維もとれるので便秘がちな方のお腹のお掃除におすすめ。
料理が苦手で玉ねぎをどう調理しようか迷っている人でも簡単に
作れますよ。

調味料とあえるだけですから、仕事や育児が忙しいママも
健康に気を付けたいが料理はちょっと苦手な男性も気軽に作れる
おすすめレシピです。

ちょっとしたアレンジ方法としてはパンにはさんでサンドイッチに
してみたり、他の野菜とあえてサラダにする、パンに乗せてチーズを
乗せる食べ方なども美味しいです。

そのままでも美味しい酢たまねぎですが、このようにアレンジして
食べれば飽きにくいですし、さらに美味しく食べられるので
ぜひ試してみてください。

自分なりのアレンジも考えてみると楽しいかもしれませんね。
■加熱して食べるなら…舞茸玉ねぎがおすすめ!

玉ねぎは生のままでも甘い新玉ねぎがありますが、加熱すると
もっと甘くなって美味しいですよね。
なるべく簡単に作れて美味しく食べられる玉ねぎの加熱レシピが
あるので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

低カロリーでダイエット食にもぴったりですよ。

<舞茸玉ねぎの材料>

・舞茸…半パック
・玉ねぎ…1つ
・醤油…お好みで
・溶けるチーズ…お好みで

<舞茸玉ねぎの作り方>

①スライスした玉ねぎを軽く電子レンジで温める。

②玉ねぎに溶けるチーズを乗せ、その上に舞茸を置きさらにチーズを重ね
ミルフィーユ状にする。

③500Wのレンジで約1分加熱する。

④最後にお好みで醤油をかける。

舞茸玉ねぎは玉ねぎの食物繊維も舞茸の食物繊維もとれるお腹に
嬉しいレシピです。
1日分の食物繊維は簡単に補えますよ。

醤油で食べても美味しいですが、ポン酢にするのもさっぱりして
美味しいので試してみてください。
辛いものが好きな方はキムチを足したり、味付けにコチュジャンを
使うのも美味しいですよ。

味付けが薄めですし、カロリーが低いのダイエット食としてもおすすめ
ですしダイエット中に不足しやすい食物繊維が豊富なのが
嬉しいポイントです。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です